未公開物件って何?後悔したほうが早く売れるんじゃない?

大手不動産サイトや広告に出ている新築は売れ残り?
未公開物件のうちに情報を入手したものが勝つ!?

つまり…未公開物件は買い手にとってウレシイリットいっぱい!

  • 一般に公開されていない、まだ誰も知らない物件あり
  • 在庫処分物件なども含まれるので、掘り出し物多数
  • 業者さんが自分で売り主を見つけられると踏んだ優良物件が多い
メリットいっぱいの「未公開新築一戸建て」の情報収集を 完全無料!30秒ではじめる!

ネットで住宅探し、その弱点とは?

公開物件は競争相手多数

誰でも見れる状況 そろそろ物件を購入しようと考えている… そんなときに便利なのがネットを使った物件探しです。
希望の場所や条件で検索すればパパっと一覧表示。欲しい物件情報を思う存分入手できますし、まさに現代ならではの情報入手術です。 しかし、そんなネットを使った物件探しにも弱点があるとはご存じでしたか? それは、ネット上に公開された物件は誰でも見ることができてしまうこと。
たとえば割安な優良物件があったとしましょう。連絡して問い合わせたところ、売約済みとのつれない返事…。こうしたケースは多々ありうることです。 つまり、ネットの情報は万人が見られるがゆえ、良い物件はあっという間に決まってしまいます
こうなると早いもの勝ちの世界。それこそ一日中パソコンやスマホと格闘していれば、お買い得な物件と巡り合えるかもしれません。

未公開物件にはお宝がいっぱい!?

未公開物件を注目すべき理由とは?

そこで注目したいのが未公開物件です。
“未公開”といってもご安心ください。株と違って住宅ジャンルの未公開物件情報はなんら問題ありません。
この未公開物件とは、大ざっぱにいうとまだ一般に公開されていない物件のこと。
普通、売主が業者の場合はレインズ(不動産流通機構)に公開する必要がありますが、
なんらかの事情でまだ公開されていない物件を未公開物件といいます。

未公開物件の数はどのくらい?

未公開物件と公開物件の割合 大手不動産情報サイトには今現在、数万件の新築一戸建て情報が掲載されています。数だけと聞くと多いと感じるかもしれませんが、世の中にあるすべての物件が掲載されているわけではありません
時期によって変動はありますが、世の中の売りに出されている物件のうち、およそ半数近くが公開されていない「未公開物件」と言われています。
すなわち、数千〜数万の物件が未公開のまま売れていく状況なのです。

未公開物件にする理由とは?

金の卵 未公開にする理由は、「売主が近所や金融機関の手前、公表したくないケース」や「マンションや一戸建ての在庫処理」、 あるいは「仲介業者が手数料目的で自ら買主を探したい」などさまざまありますが、 いずれにしてもお宝的な情報が数多く集まっているとされています。
その中にはきっとあなたにとっての金の卵が眠っている可能性は大いにあるのです。

こうした未公開物件情報は、通常不動産会社へ足を運ばなければ見ることができませんが、
新築一戸建て速報なら一度の操作で複数の不動産会社に問い合わせが可能です。
つまり、新鮮な未公開物件情報を手軽に大量に入手できるのです。ぜひお試しください!

メリットいっぱいの「未公開新築一戸建て」の情報収集を 完全無料!30秒ではじめる!